店長龍一の悲喜こもごも日記
2009年06月01日(月曜日)
●栄枯盛衰

 大学の授業でGMの歴史を学んだ。

 ただ単に自動車を生産するだけでなく、マーケットセグメンテーションを行い、車種のコンセプトを決め商品化するというマーケティングを行い生産と販売台数を伸ばしていった。

 世界NO1の自動車生産、販売台数を誇ったメーカーが、破産申請を行う。

 ユニークな発想の電気自動車を開発したのに(電きモーターで駆動させ、その電器を充電するために小さなガソリンエンジンを搭載していた)、やめてしまい、ガソリンをガバガバ食いまくる高単価車生産に戻った。

 何かが狂いだして、修正できずに突っ走った結果か?

 トヨタ、ホンダもハイブリットカーで注目を集めているが、そうならない軌道修正を行う決断と判断と行動力が必要だ。

 人間の生き方も、今がいいからといって決して油断してはならない。よりよい人生とはナンだ!よりよい価値をはなんだと常に自問自答しながら、切磋琢磨していかねばならないのだなあ。。。



2009年05月18日(月曜日)
●ラケットが。。。。

 マイナーメーカーのケネックスプロ製テニスラケットが、内部破損したようだ。

 つまり、もう使えません。寿命というか、酷使しすぎたたようだ。

 壁打ち、サークルのゲーム等々と一年半活躍したラケットであるが、ついに終了。

 サブラケットとして持っていたプリンス社のグラファイトを使い始める。

 なかなかの打球感!スピンもよくかかるんです。

 ガットが切れるのは、わかるが、内部損傷というのは、初めての経験でありました。

 C級からB急への道は、まだまだ先だ。。



2009年05月15日(金曜日)
★アキレス炎

 週二回くらいの運動でペースなのだが、なんか最近、両足のかかとが痛む。

 整骨院で診てもらうと踵のアキレス腱のところが炎症をおこしているらしい。

 一月の肉離れ、そして、慢性腰痛、今回のアキレス炎。

 肉体は、どんどん老化の一途をたどっているんじゃ、、、。

 しかし、水曜日にシニアのテニスサークルに参加させていただいたとき、60代から70台のシニアの皆さんの元気なことに驚かされた!?

 いかん、いかん、彼らに比べたら、まだまだですよ。

 



2009年05月04日(月曜日)
グラン トリノ

 イーストウッド!?の初めての出会いは、 小学生の時、映画のポスターで《荒野の用心棒》を見て、渋い男だ〜と子供のころ思っていた。

 高校生になると《ダーティハリー》シリーズで、キャラハン刑事が着ていた、紺色のスイングトップジャンパーを買いにいったもんだ。

 最近では、”シークレットサービス”や”マディソン郡の橋”などたそがれた役にはまってきた。

 今回の”グラントリノ”は、イーストウッド最後の作品になるんじゃないかといわれている作品だ。フォードの工場で働いていた老人、朝鮮戦争で東洋人の老若男女を殺戮した経験を持つ、断固で、暗い過去を持つ、コワルスキー爺さん。

 妻の葬儀から物語は、スタートする。フォードの《グラン・トリノ》というクルマをガレージで大事にピカピカにして保管しているコワルスキー。

 ある日、隣に住む少年が、ワル仲間に脅されてコワルスキーのガレージにトリノを盗もうと押し入るところから物語は、展開し始める。。。。

 グラントリノってクルマ、アメリカの栄光、しかし、今、日本車におされてビッグスリーも苦境に立たされている。

 コワルスキーもかつて、戦争で、罪もない人々を殺戮して英雄として勲章までもらう、しかし、年老いた今、妻を亡くし、子供たちも自分から遠ざかり、、、、。

 最後に思わぬ展開を見せる。

 イーストウッド、今も渋い!

 そうそう80年代の米国TV刑事シリーズ『スタスキー&ハッチ』もグラン・トリノに乗っていたよね。



2009年04月19日(日曜日)
★スラムドックミリオネア

 さすが、アカデミー賞に輝いた作品!!

 両親を人種差別で撲殺された兄弟が、スラム街をたくましく生き抜いていく。

 インドってこんなに複雑で、残酷で、善と悪が混在し、それでも、前へ前へ行きぬく。

 『一途な愛』のために困難を乗り越えていく。

 自分を含めた、ニッポン全体が、ひ弱で、生ぬるい考え方で弱弱しく思えた。

 一途な愛を貫く主人公ジャマールのあの強い意志と行動力を忘れていたなあ。

 エンドロールは、インド映画特有のあのダンスが!!



2009年04月15日(水曜日)
■A190の魅力

 みためは、やぼったく、腰高な感じだが、走り出すとやはり、ベンツの剛性感というか、ラグジャリー感といっていいのか低速域から高速域に入る瞬間は、羊の皮を被った狼へと変貌していく。さすがクルマ発明の会社!?

 不恰好と思っていたそのスタイルも、だんだんと愛着を感じるんだな。

 内装は、ハーフレザーシートにシックな黒グレーを基調としたデザインで統一されて落ち着きを感じます。
 
 まだ、磨きを入れていないので、時間を作ってビカビカに一皮むいてやるとしよう。



2009年04月09日(木曜日)
■ベンツ購入

 5年間乗っていたソアラを泣く泣く廃車へ。

 はやり年間6万円近い自動車税は、痛い。エンジンも好調、外装は、少々痛みが出てきたものの、快適な乗り心地だった。

 ラグジャリースポーツカーは、本当に遠出には、最高のクルマだった。

 しかし、昨今の状態では、少しでもコスト削減に撤してみることに。。。

 3月本来リッターカーを購入とばかり、数十回にチャレンジに失敗。

 ガソリンの不安定価格の影響か!?

 どうしても落とせずあせって見つけたのがベンツAクラス。それも190アヴァンギャルド!?サンルーフ付き。

 これについつい手を出して、なんと落札してしまう!!

 続きは後日。



2009年04月01日(水曜日)
■門出

 甥っ子が大阪へ行った。

 二年間の専門学校を終了し、関西大3年の編入試験に合格したからだ。

 いつもへなへなして、ピーピー泣いていた甥っ子だったが、だんだんと生意気で大きくなって、社会人の一歩前まで成長した。

 まだまだ、親のすねをガリガリとカジリまくっているが、確りとした人生を突き進んで欲しいと思う。

 今から30年以上前、自分も博多から東京へ母のすねをガリガリとかじって大学へいかせてもらったっけ。

 4畳半風呂無し、共同トイレ、一万五千円のボロアパートだった。

 夢は大きく、生意気だった。



2009年03月26日(木曜日)
 世界一二連覇は、すごい!

 一昨日のWBC決勝戦。高速道路を移動中。ラジオに耳を傾けて、ラジオからの情報に『よっしゃー!』『なしカー!』歓喜と落胆の繰り返し。

 気持ちがキューンとした状態で、
午後2時49分。優勝決定!!

 涙があふれてくる。日本全国のあらゆるところで、自分と同じようにニッポンを応援しているんだなあ〜。

 昨今のマイナス傾向のニッポンに少しでも明るい気持ちにさせてくれた侍ジャパンに感謝、感激でした。

 がんばろう。なんとか耐えて、耐えて、歯を食いしばって、がんばろう。
 
 



2009年03月20日(金曜日)
■WBC準決勝進出!!

 WBC。背水の陣でのキューバ戦。

 なんとか5−0で快勝する。

 本日宿敵韓国戦。

 勝っても、負けても準決勝リーグへ進むことができるが、1勝2敗と負け越しの相手韓国。

 なんとか一位通過して、準決勝で米国と対戦して思う存分暴れて欲しいなあ。

 あのイチローがあんなに苦しむイチローを今までみたことがなかったけど、今日の韓国戦で暴れまくってほしいものです。

 野球は、すばらしいスポーツだ。



|最新の日記へ|これ以前の日記10件へ|これ以降の日記10件へ|